GARBAGE CLASH

粗大ごみの処分は専門業者に頼もう【費用やサービスに注目】

大きなゴミの処分について

回収業者を利用する方法

ごみ

家庭から出る不用品は自治体が収集してくれますが、一部収集できないものや有料になるものもあります。指定袋に入らないような粗大ごみについては、自治体による収集が有料になります。神戸市でも、指定袋に入らない大きな不用品は、別途に有料による収集の申し込みをする必要があります。引っ越しなどで多くの不用品を処分する必要がある場合など、その処理に困ることもあるでしょう。そのような場合は、粗大ごみの回収業者に依頼をする方が一気に処分ができます。不用品の運搬も業者が行ってくれますので、粗大ごみを片づけるための労力がかからずに済みます。また、買い取りが可能なものは、買い取ってくれる場合もあります。ただし、粗大ごみの回収業者はたくさんあり、それぞれで回収にかかる費用やサービス内容に違いもありますから、事前に調べておくことが大切です。神戸市内や神戸市周辺の地域に在住の人で、不用品回収業者への依頼を考えている人もいるでしょう。神戸市のような人口の多い都市になると、回収業者の数も多く、その選択の幅も広がります。どの回収業者を選択するべきか迷う場合は、インターネットの比較サイトなどを利用すれば参考になります。また、しっかり許可を受けた業者であるかどうかも確認しておくことが大切です。興味を持った業者については、その業者のホームページを確認して、料金体系やサービス内容、申し込み方法などを調べておきましょう。ホームページがない場合も、メールなどで問い合わせをして調べておきましょう。

安全に迅速に

解体工事

過度に心配する必要はありませんが、解体工事は一歩間違うと、色々なトラブルに発展してしまうことがあります。例えば、見積もり以上の追加請求をされたり、近隣への配慮が欠けていて近所の方と揉めたり、安全対策を怠れば事故になることもあります。大阪の解体業者は、ぜひ信頼できるところにお願いしてください。大阪にも多くの解体業者がありますが、どんな点を考慮して業者を選べばいいのでしょうか。まず解体工事には、事前の現場調査が不可欠です。大阪の繁華街であれば建物同士が接近していることが多く、近隣の状況によって解体の難しさは違ってきます。どの程度重機が使用できるかによって人件費なども変わります。建物前の道路幅によって、進入できるトラックの大きさも決まってきます。ですので「まず現場をみさせてください」といってくれる業者は信頼度が高いと言えます。次に、見積りの内容についてです。大阪に限ったことではありませんが解体業者は、一式いくらという総額だけ示すこともあります。このような業者がすべて悪いということではありません。詳細な見積もりを出してもらうのが一番よいですが、出してもらえない時には、どんな場合に追加料金がかかるのか明記してもらった方が安心です。他のポイントは、よい業者であれば賠償責任保険にきちんと加入し、万が一にも備えています。また、聞きなれない言葉ですが、過去の廃棄物の処理内容を記載した「マニフェスト伝票」というものがあります。この書類をきちんと保管している業者であれば信頼できます。これは現場ごとに発行する書類で5年間保管する義務があります。このマニフェスト伝票は解体工事が合法的に行われたことを証明するものです。工事が終了しましたら、必ず受け取っておいて下さい。

売却の方法

ソファーを運ぶ作業員

引越しの際は家具や家電製品を処分する必要が生まれます。新居に搬送しようと思えばお金がかかりますし、古いものを持ち越すのは嫌なものです。横浜で処分にコストをかけずに家具を手離したい時は、買取サービスを活用しましょう。買取はチェーン店のリサイクルショップや中古家具を取り扱っているお店で行ってくれます。横浜で不要な家具を買取に出せば、逆に売却費用が手に入るのです。また出張買取サービスや引取りサービスを使うことによって、配送にかかる費用をお店側に負担してもらうのも可能です。横浜で家具を売却する際はできるだけ高価に買取してくれるショップを探しましょう。リサイクルショップであれば店内に高価買取を実施している商品の一覧を貼っていることがありますので、チェックが欠かせません。また実際のお店に足を運ぶことで販売価格が分かりますから、類似の商品の価格を知って売るべきお店を定めると良いでしょう。他にもホームページを持っているお店であれば、自宅にいながら大まかな買取価格を調べられます。電話やメールで自分の持っている家具の買取価格を訊ねたい場合は、ブランド名や型番を調べておきましょう。特に付属品がある場合はその有無を訊ねられますので、確認が欠かせません。横浜ですぐさま現金を手にしたい時は、お店にじかに家具を持って行くのが最短ルートです。売却の際は身分証を提示することになりますので、忘れずに持って行きましょう。