GARBAGE CLASH

粗大ごみの処分は専門業者に頼もう【費用やサービスに注目】

不用品の処分方法と種類

業者選びのコツについて

作業員

神奈川県内には、不用品回収を行う業者が数多くあります。大掃除や引っ越しで不用品が見つかったときには、信頼できる業者に依頼することが大切です。神奈川県内で業者を依頼するなら、一括査定サービスを利用することで、県内の業者の中から最も希望に合ったところを見つけることができます。一括査定サービスでは、対象エリアや処分したい不用品などを入力するだけで条件に合った業者をピックアップしてくれるのが特徴です。初めて利用する人でも簡単な操作で検索することができるので、多くの人々が利用しています。不用品回収業者では、冷蔵庫やパソコンなどの家電製品やタンス・テーブルなどの家具の回収も行っています。各市町村の粗大ゴミ処分センターを利用する方法もありますが、不用品回収業者なら自宅まで回収に来てくれるのでとても便利です。指定された場所へ運ぶことが難しい人は、不用品回収業者を利用することで無理なく粗大ゴミや不用品の片づけをすることができます。トラックで無料回収を呼びかけている業者もありますが、利用する際には口コミや料金を確認しておくことがポイントです。神奈川県内には、実績や口コミでの評価が高い業者がたくさんあります。神奈川県で不用品の回収を考えている人は、インターネットなどで情報を集めることがおすすめです。実際に業者を利用したことがある人の意見を参考にすることで、満足度の高い業者を見つけることができます。口コミサイトや一括査定サービスを上手に活用しながら不用品の処分を行いましょう。

お金をかけずに廃棄する

家と廃品

最近、断捨離という言葉がはやっています。小さなものを捨てるとなると、地域の分別の方法にしたがって捨てることができます。しかし大型の家具や電化製品を断捨離しようとすると、粗大ごみとして廃棄しないといけません。この粗大ごみとなってしまったものの廃棄の仕方は、それぞれの地区で違うと思います。神戸市では、粗大ごみとしては神戸市大型ごみ受付センターに電話をして、大型ごみシール券を購入して回収してもらいます。大きさや品物によって金額は異なりますが、一番少額のものでも300円のシールを購入してからでないと破棄はできません。こうなると、大型のものの断捨離となると二の足を踏むかたが多くおられるのではないでしょうか。また、家電リサイクル対象品であれば、粗大ごみとして廃棄することもできません。そのために、活用すべきであるのがリサイクルショップであると思います。神戸市には様々なリサイクルショップがあります。以前は神戸市が開いていたリサイクル工房などで家具などのリサイクルが行われておりましたが、現在は中止となっており、企業の展開するリサイクルショップが一般的ではあります。リサイクルショップでは、出張買取を行う会社もあり、自分では運べなかったり、大量にあるときには、それらを活用する方法もあると思います。もちろん、壊れてしまっていたり、使用ができないようなものであれば引き取ってもらえないものもあるかもしれませんが、まだまだ使用できる大型の家具や電気製品であれば、お金をかけずに、むしろ少額であっても、お金をもらって断捨離ができるかもしれません。

相見積もりで費用削減

一軒家

家の建て替えの為に、家の解体工事をどこの業者に出したら良いか、悩んでいる方、まずは、いくつかの業者で見積もりをとることをお勧めします。大阪には、大阪市内や大阪市周辺に多くの解体業者があります。大阪駅近くにある解体業者もあるので、お住いの地域の近くの業者で見積もりをとることをお勧めします。解体工事の費用は、家の種類によってことなってきます。木造住宅なのか、鉄骨住宅なのか、RC造住宅なのかによって料金が違ってきます。工事費用の内訳としては、工事の為の足場や養生費、建物解体費、重機回送費、諸経費等で構成されており、一般的に、坪単価で明記されることが多いです。木造住宅ですと6万円程、鉄骨住宅ですと5万円程、RC造住宅ですと7万円程と言われています。ただし、家の間取りや、家の建っている場所によってこの値段は大きく変わってきます。物置やブロック塀、井戸や庭石、庭木、車庫があったりするとその分、値段もあがってゆきます。また、家が住宅密集地に立っている場合も騒音や埃対策でしっかりと養生する必要があり、養生費がかさみます。さらに、重機の駐車スペースや解体で出た廃棄物の一時置き場がない場合も工事費用はかさんでゆきます。解体業者で相見積もりを取る際は、こういった条件を同じにして見積もりをとることが大事です。そうしないと、精度の良くない見積もり比較になってしまい、結局どの業者が一番安いのか分からなくなってしまう為です。